トレファクスタイルTOP > 買取のご案内 > 宅配買取のご案内 > 宅配バイヤーのブログTOP > 

宅配バイヤーのコラム「ミニカーのススメ」

洋服・古着の買取を行う宅配買取センターの買取情報

洋服・古着の宅配買取サービスを行う宅配買取センターの買取に関するトピックス情報です。

トレファクスタイルECセンターの過去の記事:
すべて
2018年10月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018.05.13

宅配バイヤーのコラム「ミニカーのススメ」

はじめに
 
18年05月13日:画像1
こんにちは、宅配バイヤーのコラムです。
今回お話しするのは「ミニカー」。以前にもご紹介しましたが、
前回は車について熱く語り過ぎたので今回は気をつけます。
静かに、アツくをモットーに語っていきます。
 


ミニカーとは
 
18年05月13日:画像2
はじめにお伝えしなければならないのは
実は「ミニカー」とは厳密には青いナンバーが付いた
50CCの一人用の小さなクルマのことなんです。
4輪バギー等を趣味で所有したり、最近は某大手コンビニの配達用に
使われていたりもします。しかし一般的にはミニカーと言ったら
いわゆるオモチャのクルマ。ここは語呂良くミニカーでいかせていただきます。
本当は大人のオモチャなんですけどね。
 


ミニカーの魅力
 
18年05月13日:画像3
ミニカーの魅力はいくつかありますが、
ひとつは「憧れのクルマ」を所有できること。
幼い頃に憧れたスポーツカーも、ファミリーカーに優先がある以上
簡単に所有は出来ないものです。そこでこの小さいブリキに
夢を託そうというわけです。二つ目の魅力はクルマに詳しくなくても
インテリアとしてオシャレということ。人は“大きいものが小さい”とか
“小さいものが大きい”というものに魅力を感じます。
コンビニにある小さい醤油とか、特大アポロとか。
ミニチュアやジオラマを愛する心ですね。
 
 

商品紹介
 
18年05月13日:画像4
※こちらの商品はヤフー・オークションにて購入できます

先程から激写されているこのクルマ、
みなさんもどこかで見たことあるフォルムだと思います。
公式アイテムではないので商品情報として明記は出来ませんが
フォルクスワーゲンのType?(初代ビートル)がモデルとなっているのは
ほぼ間違いないと言えるでしょう。
初代ビートルは1938年-2003年までの65年間で
2152万9464台という生産台数世界一の車。
65年もの間でブリキのオモチャにも沢山なってきたことでしょう。

 
 

まとめ
 
18年05月13日:画像5
いかがでしたか?
ラジコンやプラモデル、ミニカーには夢があると思いませんか?
無名のクルマでは意味が無く、あくまで実在する憧れのクルマや
自身が所有していたorしているクルマのミニチュア版として
所有感を満たすものだと筆者は考えます。
これはクルマに限らず鉄道模型やレトロな雑貨などにも共通するでしょう。
 
小さなオモチャに、大きな夢を託すなんてなんだか素敵ですね。



家に眠るヴィンテージ雑貨や古着などを
お送りいただく際の注意ポイント


配送時に破損の恐れのあるものはオススメしません
基本的には服飾アイテムを中心にお取扱している為
以下のお品物は
買取できない可能性がございます
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・服飾アイテム以外のもの(家電・キッチン用品・ぬいぐるみ・DVD・本 など)
・状態が悪く再販売が難しいもの(やぶれ・汚れ・変色・縮み・劣化 など)
・購入から年数が経過しているもの(基本的には2年以内の品物を取扱いしております)
※ヴィンテージアイテムや流行に左右されないアイテムはお取扱しております
・その他( 下着、キャミソール、水着 / 雑誌の付録やノベルティアイテム / 度入りのメガネ / 電池切れの腕時計 / 偽造品やコピー品 / 刻印・ブランド表記の無いアクセサリーや服飾雑貨 など)

ご判断に迷う時はぜひお気軽にお問い合わせください。
処分目的で取扱対象外品を大量にお送りいただいた場合など、
着払いにてご返送させていただく場合がございます。



めずらしい雑貨たち
 
これまで宅配バイヤーがお買取したヴィンテージ品や
珍しい雑貨コラムをご紹介いたします。

 
18年05月13日:画像7
Chevrolet Suburban(シボレー・サバーバン)
00’ダイキャスト製ミニカー・マクドナルドコレクション



 18年05月13日:画像8
Hi-Ball(ハイボール)/剣玉


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
あわせて読みたい宅配バイヤーコラム
 
18年05月13日:画像6
世界一有名なウサギ、ピーターラビット


 18年05月13日:画像9
腕時計の醍醐味。それは一生付き合える相棒探しの旅だった。


18年05月13日:画像10
NO T-SHIRT,NO LIFE?最高のTシャツライフを!

スピード対応 WEB申込はこちら